腕脱毛ができない人について詳しくご紹介

腕脱毛ができない人

脱毛と言うのは、少なからずお肌に刺激を与えるものです。
光脱毛は、その中でも一番刺激が少ないため、どんな方でも脱毛が可能と言われています。
光脱毛なら、照射レベルの調節が出来るので、その人の肌質に合わせた波長を当てることが出来るからです。低いレベルだったら、敏感肌の方でも乾燥肌の方でも、光を使って脱毛することが出来るんですね。

肌が強くても脱毛出来ない人とは?

ただし、光脱毛でさえも脱毛できない人がいます。
それは、日焼けをしていたり、日焼けによるしみやそばかすがたくさんある人です。
特に、腕と言うのは、自分ではあまり意識しませんが、細かいしみが意外にある部分です。だから、なんの問題もないと思っていても、腕脱毛だけはできないという場合があるんです。

どうして、日焼けをしていたりしみがあると光脱毛が出来ないのか。
それは、光脱毛の脱毛システムのせいなのですが、光脱毛は色の濃い部分にエネルギーが吸収されます。
日焼けをしているお肌は、メラニン色素が多いためエネルギーが吸収されやすく、痛みがあったり腫れてしまうことがあるのです。

光脱毛は黒いものに反応する

光脱毛の波長は黒いものに反応します。
そのため、しみがあるとそこに反応して、強いエネルギーが集中してしまい火傷してしまったりするので、腕脱毛が出来ないのですね。

他にも、妊娠している方、持病を持っている方、肌トラブルがある方は腕脱毛が出来ません。
もし、どうしても腕脱毛がしたいという場合には、必ず主治医に相談をして、きちんと指示を受けるようにしましょう。